川崎区・幸区・鶴見区の新築一戸建て・中古戸建・マンション・土地の不動産情報サイト【株式会社サンホーム】

川崎区・幸区・鶴見区の新築一戸建て・中古戸建・マンション・土地の不動産情報サイト【株式会社サンホーム】
営業時間AM10:00~PM18:30
電話番号044-322-3223

ローンがいくら借りれるのかを考える

ローンがどの位組めるかの基準

一般に、金融機関では、税込年収に占めるローンの年間総返済額(返済負担率)を融資の際の審査基準としています。

返済負担率は、年収に応じて、25%~35%以内としている金融機関が多く、例えば、 フラット35の場合、年収400万円未満で30%、400万円以上で35%までとなってます。  

つまり、年間返済額上限は  

年間返済額上限=税込年収×返済負担率-他のローンの年間返済額  

となります。    

ここで、問題となるのが他のローンです。
他のローンとは、自動車ローン、クレジットカードの複数回払いリボ払い消費者金融ローン等々毎月返済している支払いが対象となります。 最近では、携帯電話の2年払い等も対象になる事があり、本当に幅広く対象となってます。  

このローンですが、月に数万円の支払いがあるだけで、住宅ローンの借入額が数百万円も下がってしまう事もありますので、もしも先に完済出来るのであれば、住宅ローンを組む前 返済してしまいましょう。
  
勿論、返済が残っていてもローンを組む事が出来ないという事はございませんので、 この事が住宅ローンを組むにあたって不安であるという方はお気軽にご相談下さいませ。

 

ローンはどの位組む事が出来るのか

では実際にローンをいくら組めるかを考えるのですが、借入可能額は下記の通り計算出来ます。

借入可能額=年間返済額上限÷12ヶ月÷年数×100万円

年数ですが、大抵の住宅ローンは最長35年で返済最終年は満79歳になる年までとしてます。 
また、長い年数にしても繰り上げ返済をする事が出来ますので、毎月の支払いが少なる様になるべく長い年数を借入期間とする方が多く、44歳以下の方は35年とされるケースが多いです。

勿論、反対に早めに返したい、定年までには返済を終わらせたいと考える方もおります。


上記の計算を具体例を出して記載致します。
年収600万円、35年ローン、返済負担率を30%で借りる場合

A:他のローンは無し
600万円×30%=180万円
180万円÷12ヶ月÷35年×100万円=3,387万円

B:マイカーローン月3万円の支払いがあり
600万円×30%-3万円×12ヶ月=144万円
144万円÷12ヶ月÷35年×100万円=2,710万円


上記でも記載した通り、他のローンがあると借入額にかなり開きが出てきます


ただ、いずれにしてもローンを借りるにしても、ローンを前倒しで返済するにしても
無理の無い計画が必要となります。
ご不安な方は何回でもお気軽にご相談下さいませ。

恋居生活しませんか 結婚前の物件の選び方・考え方
携帯サイトはこちらから